理想の冷蔵庫で生き方を変えよう!

理想の冷蔵庫を実現することで、生き方がきっと変わる!はず!

鯖缶・さば缶・サバ缶のトマトスープ

5分で完成!鯖缶トマトスープの作り方

  • 鯖の缶詰(味付き)から適量の鯖を容器に入れる。
  • トマト1個を一口大に切り、加える。
  • レンジでチン!お好みでスパイスを振って、終わり。

f:id:yoko_t:20180220093150j:plain

 

あら?トマトが固い?いえいえ、スプーンで崩すと・・・

 

f:id:yoko_t:20180220093233j:plain

とろっとろ。

お水は一切加えませんが、トマトから水分が出て、とーっても美味しいです。

お好みのスパイスですが、私はクレイジー・レモン・ペッパー・マリネードを愛用しています。

 

クレイジーレモンペッパーマリネード ミニ 30g

クレイジーレモンペッパーマリネード ミニ 30g

 

 

 耐熱容器はバラ売りのモノを使っていますが

イワキの耐熱ガラスのセットは欲しいなあと思っています。

 

 

 お弁当にもお勧め。

実は、私はこれをお弁当に持って行くこともあります。

休憩室にレンジがある方は、温めなおして食べると、お昼休みが至福の時間になります。

鯖缶トマトスープとおにぎり。鯖缶トマトスープとサンドイッチ。など。

 

水を全く加えませんので、自家製の冷凍食品としてストックしておくと、とても便利に使えます。

 

鯖缶のダイエット効果

テレビなどで話題になったこともあるので、鯖缶にダイエット効果があることは良く知られている話ですね。

 

 このところ、ストレスによる過食で、自分の最適体重から4㎏も太ってしまった私としては、美味しい・簡単・安いの3拍子揃った鯖缶は強い味方、と言えます。

スープにすると、缶汁もしっかりと、しかも手軽に!摂取できるのが嬉しいですね。

 理想的なDHAの摂取量は、一日に1g~1.5g。焼いたサンマなら約1尾、小型のイワシなら約2尾です。刺し身であれば、マグロ(トロ)で2~3切れ、ブリで4~5切れになります。あるいは、脂肪の多い魚200~300gを週に3回程度食べるのもいいでしょう。
手軽に摂取できる加工食品としてはお魚の缶詰が最高です。中でも、「さば水煮」「さば味噌煮」「さんま蒲焼」「いわし味付」などは、原料そのものにDHAが多く含まれています。缶汁の中にもDHAがたくさん含まれているので、調理方法を工夫して、捨てずに利用するようにしたいものです。

www.maruha-nichiro.co.jp

 

 

やせるホルモンが効く!さば缶ダイエット (主婦の友生活シリーズ)

やせるホルモンが効く!さば缶ダイエット (主婦の友生活シリーズ)

 

 

 

糖尿病改善に効果がある「こんにゃく」を冷蔵庫に!

こんにゃくって「カロリーゼロ」以外にもいいところがいっぱい。

実は、グルコマンナンには血糖値を下げる作用があります。ダイエット食品などにもよく「グルコマンナン」の文字は見かけますね。

我が家のように血糖値の高い家族がいる場合には、積極的に摂取したい食品のひとつです。

 

ところで、「こんにゃく」というと、ついつい味付けが濃くなってしまうことはありませんか?塩分の摂取も気を付けたいところです。

 

我が家では、具だくさんのおみそ汁にこんにゃくを入れるという方法で、冷蔵庫にこんにゃくを常備して、少量を継続して摂取するようにしています。

 

cookpad.com

 

こんにゃくに含まれるグルコマンナンという成分は、便秘を解消し、肥満を防ぐという嬉しい成分です。

みそ汁などに入れると、かさましにもなり、満腹感も得られます。

薄く切ると「こんにゃく感」が薄れて食べやすいです。厚めに切ると、食べごたえがあり、こんにゃくの風味も強く感じます。

 

工夫しながら、日々の献立の中に取り入れていきたいものです。

 

ご当地こんにゃくを楽しんでみるのも・・・♪

刺身こんにゃく、私は好物なのですが、夫は味気ないと言います。

こんな色とりどりのこんにゃくなら、楽しんで食べてくれるかも知れません。

 

 

 

さらにレシピ本もいろいろとあります。

 

糖質制限の「主食もどき」レシピ

糖質制限の「主食もどき」レシピ

 

 食物繊維を多く含む献立は、噛む回数も自然に多くなり、満腹感を得やすいものです。

見た目や味にも工夫をして、ストレスなく健康的な食事を楽しみたいものです。

 

まずは冷蔵庫に「こんにゃく」を。

 板こんにゃくは、一枚全部、使いきれないこともしばしばありますね。

我が家では、そんなときに活躍するのがジップロッスクリューロック。

 ちょっと残った野菜とか、こんにゃくを半分、なんていうときの保存に大活躍です。

 

 ちょっと大きめがこちら。

 

 

 冷蔵庫の中で、横から見ても中身がしっかりわかるし、スクリューロックで水漏れの心配もないし、とても重宝します。

汁物などをお弁当として持って行って、レンジで温めたりするのにもお勧めです。

 

美味しくご飯を食べながら、しっかり健康管理もしたいものですね。

夫のために、この私の努力が夫婦ともに「体重減少」という効果となることを心から祈ります。

 

3月に退職することになりまして。

しばらくぶりの更新でございます。

寒い日が続きますね。

南国宮崎も、出勤時の車の「車外温度」は零度を示すこともしばしばです。

 

退職まで頑張って働くことになりました。

当たり前ですが、最後までキッチリと働きますよ、もちろん。

私は現在の仕事が好きなので、「辞める」と決めて退職届まで記入して提出したのですが、いまだに仕事に就いては前向きな姿勢でいます。

最後まで仕事はきちんとやり遂げ、きちんと引き継いで円満退社いたします。

家族の体調不良で常勤が困難になったことが退職理由ですが。

実際のところ、無理をしようと思えば、無理できないこともないも知れません。

上司から、「休職にしませんか?」と言っていただけたことは、とても有難いことでしたが、時間と場所の拘束が強い仕事なので、プライベートが残らないのがツライ。

疲れが溜まると、ちょっとしたミスが起こりがちです。身体の疲れだけでなく、精神的にも余裕がなくなってしまい、小さなミスや行き違いが、大きなトラブルに発展してしまうことも。

このままでは、限界が見えることを察知した、先見の明(?)のあるワタクシ。

というよりも。

いままでの経験から、私は、「もう限界だ、助けてください」と自ら言い出しにくいタイプなので、言いにくい状況にしてしまうことは、自分のためにも会社のためにも良くないと判断し、大きな問題が発生する前に先手を打つ。ということにいたしました。

今後は働かなくても食べて行けるのか?

まさか、そんな羨ましい人種ではございません。

自分の収入で家族を養っているわけではありませんが、収入がなければ「お小遣い」は0円になってしまいます。

大学へ進学する息子にもお小遣いをこっそり送ってあげたいので、ぜひとも収入は欲しいところです。

これからどうやって収入を得るのか?

問題はココです。

家族の体調不良などで、時間の都合をつけるのが難しい日もあるので、常勤の仕事は続けていくのが難しそうなので、収入を得る手段について、ちょっと悩んでいます。

 

理想の冷蔵庫で生き方を変えようと思っていたけれど、怒涛の忙しさに、冷蔵庫は相変わらず単なる保管庫のまま。

生活のリズムは狂いっぱなしで、ブログも放置となり、いったい自分は何をやっているのやら、と涙があふれそうになることも。

 

新しい仕事を紹介してくださるという、ありがたいお話をお伺いしたところ、

ものすごく稼げるという素晴らしい仕組みをご紹介いただきました。

今までと同じ業界なので、やれば出来そうな気がするのが怖いところですが、もしもやり始めたとしたら、エンドレスに続く仕事になりそうで、すこし腰が引けています。

もともと好きな仕事なので、のめり込んでやってしまいそうで。そうなると家族も健康も失ってしまうほど夢中になりそう・・・。

 

いかに生きるか=どのように働くか

 実を言うと、ふとしたきっかけで「減速して生きる ダウンシフターズ」という本と出会い、価値観をクルリと変える考え方を知りました。

 

減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)
 

 

私は既婚者なので、ラッキーなことに扶養に入る、という選択肢があります。

小さな収入で、自分の好きなことをしながら暮らす、ということはある意味、贅沢な夢であると思うようになりました。

 

いずれは扶養からも外れて、自立が出来るまでになることが目標です。

著者の髙坂勝さんは、オーガニック・バーを経営していますが、私は「病気と共に生きるための整理収納」を仕事にしようと思います。

地元でヘルシーな素材を使って作られているお菓子やお茶などの物販も絡めて、わたしひとりが暮らせる程度の収入があれば、それでよし。

いつか夫が定年になれば、ふたりで誰かのお役に立てる仕事が出来れば、それでよし。

 

 昨日、書店をぶらり、としていたら目についたこちらの本を購入し、読んで納得。

年間1000万円の収入のハナシよりも魅力的に感じるのですから、これは価値観の違いを無視して就職すると、きっと不幸の始まりになるのではないか、と思います。

社員ゼロ!  会社は「1人」で経営しなさい (アスカビジネス)

社員ゼロ! 会社は「1人」で経営しなさい (アスカビジネス)

 

 実はこの本の中にも、上記のダウンシフターズの書籍について触れられていて、このような価値観に大きな魅力を感じる「税理士」さんがいるということにも驚きました。

私たちは、過剰な心配や、過剰なサービスに慣れ過ぎてしまっているように思います。

事業も拡大していくこと、「お客さまのため」に稼ぎ続けることが良いとされることも多いのですが、私は最近、そこに違和感を覚えるのです。

 

本当に大切なものは何だろう、と考えると、それは「誰かの役に立つこと」の喜びだと思うのです。

私が誰かのお役に立てるとしたら、それは、「病気と共に生きるための書類の整理」が一番なのだと思うのです。

これが、やりたい。

正直、これで収入を得られるとは思えないけど、これをやりたい。

 

昼はこれをこつこつとやりながら、足りない収入については、ちょっとしたパートで補う、ということにしようと。

 

そんなことを考えながらブログを書いていると、本日午後に「単発のお仕事」を相談に行った派遣会社から、早速の連絡が入りました。

 

動けば開く、未来への扉。ということでしょうね。

私は自分を信じて、自分が歩いていきたい道へと進んで行きたい。

 

 

 

夫婦で月イチデートの会☆2018年1月

今週のお題「2018年の抱負」

 

今年は夫婦で一か月に一度、デートをしよう。

私たちはシフト制で仕事をしているので

休みが合わないことも多く

すれ違いになることもしばしば。

ついうっかりと休みを合わせなかったら

一か月のうちに一度も同じが休みがない月もありました。

今年は、そんなことがないようにしようね、ということで

夫婦で月イチデートをすることにしました。

 

そう決めて最初のデートは本日、2018年1月6日土曜日晴れ。

朝10時に家を出発し、向かった先は・・・

 

宮崎市青島にある青島フィッシャーマンズビーチサイドホステル&スパ

青島フィッシャーマンズビーチサイドホステル&スパ

 

f:id:yoko_t:20180106102313j:plain

 

天然温泉「神話の湯」でつるつるお肌に

天然温泉「神話の湯」は、お肌に優しい天然美肌アルカリ温泉。

お肌がつるつるになって、幸せな気持ちになりました。

壁画が富士山に桜が咲いている春の絵で、これがとてもきれいで癒されます。

 

入浴料は大人540円(税込)子供350円(税込み)

家族風呂は1600円。

※2018年1月6日調べ

 

明るい休憩室には、雑誌や漫画などもたくさん備え付けられており、くつろぎの空間が作られていました。

窓から青い空が見えるのも気持ちがよく、天井から吊り下げられたカクーンは、ゆらゆらと揺られるとめちゃめちゃリラックスできます。

ずっと揺られていたいような気持になります。自宅にも欲しいくらい。

f:id:yoko_t:20180106112254j:plain

 

もちろん私の大好きなマッサージチェアもありました。

夫がすぐに迎えに来たのでマッサージできなかったのが残念。

次回はひとりでまったりしに来たいなぁ。

 

そして、楽しみにしていたおひるごはんへGO!

 

青島海鮮料理 魚益さんで贅沢海鮮をいただく。

f:id:yoko_t:20180106113536j:plain

青島捕れのヒゲナガエビ、海幸彦海老の丼を食べたかったのです。

夫は「贅沢こぼれ海鮮丼セット」をチョイス。

夫は運転手ですし、私は更年期障害の「お薬」と称してビールを愛飲しております。

 

 だからエストロゲンの分泌量を確保したり、イソフラボンのようなエストロゲンに似た作用がある成分を摂取することが更年期障害の症状改善に役立つと言われています。
イソフラボンのようなエストロゲンに似た作用がある成分のひとつが、ビールの材料にも使用されているホップ。
ホップの成分のひとつであるフィストロゲンがエストロゲンに似た構造なので、ホップを摂取することで、エストロゲンの減少で起こる様々な不調を改善する効果が期待できます。

health-control.net

 そう。更年期障害に悩むアラフィフの皆さま、適量であればビールはエストロゲンの減少で起こる私たちのアレコレの不調を改善する効果があるんです。

だから、我慢せず飲む方が良い、いえ、心掛けて飲む方が良い、そう、「薬だと思って飲むがよい!」というわけなんです。

 

そんなわけで、私は夫がノンアルコール飲料をチョイスるしたにもかかわらず、昼間からビールを頂きました。

 

f:id:yoko_t:20180106114631j:plain

お料理が来る前にビールがやってきて、ぐびぐび飲んだら、もともとお酒には弱いのですぐにいい気分になってしまい、料理の写真を撮るのを忘れてしまいました。

何とがっかり。

仕方がないので、顔をぼかして・・・この写真をアップします。

 f:id:yoko_t:20180106215954j:image

 このエビが、甘くって美味しいんです。とろとろっと濃厚で。

病みつきになる美味しさでした。1780円。贅沢なランチでした。

 

この後、ぶらりと散歩をして、近くの宮交ぼたにっくガーデン青島へ行きました。

レンタサイクルもあるようなので、次に行ったときには自転車にも乗りたいなぁ。

 

この後、夫の希望でカラオケにも行き、大満足のデートでした。

今日の朝ごパン、京菜のお漬物をピクルス代わりに!

冷蔵庫で人生を変える、アラフィフFP&整理収納アドバイザーあおくまです(^^)

 

f:id:yoko_t:20180106073610j:image

 

 最近、買い物をしながらいつも「理想の冷蔵庫」のことを考えています。

 

現在の私は、いつも時間が足りないご多忙主婦なので、理想の冷蔵庫は何といっても時短がテーマです。

でも、やっぱり、主婦なんだから、手作りをしたい、しなくちゃ!という強迫観念のような思いも抱いています。

だから、買い求めるものは材料。冷蔵庫で死蔵品になるのも材料。

処分するときには心が痛みます。

勿体無いことをしてしまった!と自分を責めてしまうのに繰り返してしまうのは、もう終わりにしたいのです。

 

諦めて、惣菜を買えば、それらは手を抜いている罪悪感からなのか、ついつい買いすぎてしまいます。脂肪が身体で死蔵品になり、健康を害する、ということになり、これまた良くないですね。

とくに、中高年の域に差し掛かった夫婦には、イケナイなぁ!と実感します。

 

去年はゆるゆるだったスーツが、あら?縮んだ?と思って、いや、太ったんだ!と実感しました。

 

ああ!生活を改善しなくちゃダメだなーって。

 

そんな気持ちを抱きながら買い物をすると、見えてくるものも違ってきます。

「今から買い物して帰るよー」と息子に電話すると「コーラ買ってきて!あと、たくさんサラダが食べたいからヨロシク!」と言われ。

息子はレタスが好きだから、と、見るとなんと!レタスは498円!

ちょうど夫から電話がかかって来たので「いま買い物してるとこよー!レタスが498円!」と話すと「やめてー!絶対買ったらいかんよ!」と言われ。

 

498円のレタスは買いません(笑)

398円なら散々迷って買ったかもしれない。

298円だと渋々買うかな。

198円なら、迷わず買う。

 

というわけで198円のグリーンリーフのハーフサイズを買いました(^^)

 

その残りを少しばかり残しまして。

 

f:id:yoko_t:20180106080715j:image

 

朝ごはんは、美味しいパンが少し残っているので

オープンサンドにしたいと思っていましたが

卵サラダを作ったりするのも、面倒だなぁ!といくぐうたらな私の目に飛び込んで来たのがコレ!

 

f:id:yoko_t:20180106081610j:image

 

 98円でした。コンビニより安い!

というわけで、オープンサンド、京菜の漬物をピクルス代わりにして頂きました。

 

時間があるときには、卵サラダを自分で作れると思うのですが、忙しい時は、こういうもので時短!が私にはピッタリ!のような気がします。

 

見た目、手作りっぽいので(笑)

 

時間があるときには手作り、忙しい時はお助け食材を上手に利用!

 

私の今の時点での理想の冷蔵庫は、そんな感じ。

オープンサンド、美味かった。

もうひとつ食べたいところを、ぐっと我慢!の朝でした。

 

もしかしたら、こんなサービス、できるといいな!

「整理収納アドバイザー&ファイナンシャルプランナーによる☆忙しい主婦のための献立作成、手抜き技伝授!面倒な買い物も代行します」

「おみくじ」から「自分の傾向」を知って「対策」を練る。

[http://blog.hatena.ne.jp/-/odai/8599973812330643590:title=お題「おみくじ」

我が家は新年に三社詣りが恒例です。

お詣りするのはいつも、この三社。浮気は致しません。

今年は大晦日の23時ごろに夫の実家を出発しました。
初詣客で賑わう鵜戸神宮に着いて
一番に目に入ったのが、日南レモンの出店、「LEMON BAR」

f:id:yoko_t:20180101014749j:plain

極上レモンソーダも美味しそうでしたが、さすがに寒いので
「ホットレモン!」をオーダー。
これがまた、甘すぎず酸っぱ過ぎず!美味しい。

f:id:yoko_t:20180101014802j:plain

 
うーん、パッケージもいいね!おばちゃん応援しちゃう。
そして、一年の感謝を込めてお詣りをして、恒例のおみくじ。
 
その昔、おみくじと言えば
何やら棒を引いたりしたような記憶がございませんか?
何といっても私の記憶は、昭和ですからね。
 
最近では「おまけ」付きのおみくじがいっぱいありますね。
目移りするほどですが、私はいつも同じおみくじを引きます。
 
鵜戸神宮で、招き猫のおみくじ。
そして
招き猫のおみくじがあんまりよくなかったときに
宮崎神宮で、クリスタルの瓢箪のおみくじ。
 
夫婦で仲良く、同じおみくじを引きました。
そんな二人を高校三年生の息子は、少しばかり冷ややかな?
若者らしいまなざしでちらりと(笑)

f:id:yoko_t:20180101034055j:plain

夫は大吉、私は吉、と出ました。
 
私は、いつも同じおみくじを引きます。
アレコレと試したりすることが嫌いなわけではありませんが
気に入ったらずっと、同じものを選ぶ傾向があります。
愛着というのでしょうか。
お店のメニューでも、気に入ったら同じものをずっと頼む傾向があります。
お気に入りのお店へずっと通いたがるのも、私です。
行きつけのお店がある、ということが、私にとっての「満足」です。
 
それに比べて夫は、いろんなものを食べたがりますし
あちこちへ出かけたがります。
新しい店、話題のお店を開拓することが、夫にとっての「満足」のようです。
 
こんな二人が夫婦だから、うまくいくのでしょうね。
 
私自身についていえば
自分だけで判断をしていると、ついつい「自分の感覚」や「自分の満足」に
偏りがちになってしまうのでしょう。
年齢を重ねたからこそ
聴く耳や学ぶ心を持つこと、大切ですね。
 
 
新しい考え方や新しいやり方についても、
取り入れていくことを心掛けるようにする一年にしようと思います。
 
写真でもちらりと見えていますが
”鏡の前で笑顔を作り、他人を思いやる気持ちを育みましょう”
これを一年のモットーとしたいと思います。
 
寒い寒い夜中の初詣。
三社詣りの後は、海辺の駐車場で仮眠。
 
いつも初日の出も、いつもの浜辺で。
 
寒い寒いと言いながら、
亡くなった義父の恒例行事を夫が引き継ぎ
家族で毎年、同じ海で初日の出を眺めるのであります。
 
今年も健康で、笑顔溢れる家族でいられますように。
 

f:id:yoko_t:20180101072428j:plain

2018年最初のお弁当はスープジャーごはん。

f:id:yoko_t:20180103130835j:image

 

老後の資産形成は、運用や投資も大切だけど、コツコツ節約もやっぱり大事!

 便利や贅沢に慣れてしまうと、

手間暇かけることが億劫になってしまいますから。

 

というわけで

 

残りご飯とシャケフレーク。

そして炒り卵と水菜を

スープジャーに入れて来ました(^^)

 

海苔を入れて混ぜ混ぜしていただいております。

 

これ、お茶漬けの素を入れて

熱いお茶やお湯を注いでもいけそう。

 

冷蔵庫にあるもので作るチープ弁当!

レパートリーを増やしていこうと思います。

 

そしておやつは

夫が買ってきてくれたアップルパイ。

めっちゃうまい♡感謝です。

インスタントコーヒーもマイカップで!

 

f:id:yoko_t:20180103131809j:image

 

併設のコンビニで毎日150円くらい使っていたので

150円×約20日で、毎月今より3000円くらいは

確実に へそくり貯蓄に回せるなー!

 

こういう塵も積もれば山となる、ような

コツコツ節約も、続けていきましょー。

小さくシンプルに生活をまとめて

老後ののんびりライフに備えていこうと思います。