読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフ女のツブヤキ

猫はかぶっていませんが「熊」を被って生きてます。

久しぶりの図書館で借りた本・・一流のプロは「感情脳」で決断する ジョナ・レーラー

お題「読書感想文」

 

一流のプロは「感情脳」で決断する

図書館はお好きですか?

私は「返却」へ行きそびれてしまうのが怖いということもあり、足が遠のいていましたが、先日久しぶりに立ち寄りました。隣接する講演で桜の写真を撮ってその帰りにふらりと立ち寄りました。

 

15年ほど前、子供が小さなころには絵本を借りに図書館へは良く通いましたし、5年ほど前には試験勉強のために自習室をよく利用していました。

転勤して違う都市での公立図書館利用ですが、昔と今、図書館事情も随分と違っているようです。

私がちょっと残念に思う空調ですが、一言でいうと「ぬるい」という表現がぴったりでしょうか。決して暑くはありませんが決して涼しくはありません。空気の流れすら感じません。閉鎖された奇妙なぬるさに満たされています。

その昔は「学習」や「読書」のために図書館で涼んでいましたが、「ぬるーい図書館」これはちょっと残念ですね。

 

場所によって立地条件が違い、多少のコンセプトの違いもあるのでしょう。佐賀の武雄市立図書館などは、旅行の帰り道に立ち寄りました。スタバなどもあり、ついつい散財してしまいそうな図書館ですが、新旧の情報収集が出来るということは素晴らしい。

www.epochal.city.takeo.lg.jp

私が以前住んでいた都市の公立図書館には自習室があり、受験勉強をする学生や試験直前の詰め込み学習をする社会人の姿をよく見かけました。

私自身も一夜漬けならぬ土日漬けのために試験前には自習室へ通っておりました。懐かしい思い出です。

現在、居住する都市の図書館には館内に学習スペースがありますが、「学習オーラ」に満ちた空間ではないため、勉学に集中することが難しいように感じます。

隣の人の学習に集中する様子が私のやる気を後押ししてくれるような、そんな場所が私は好きでした。窓から美しい景色が見える学習スペースでは気が散って集中できません。意志が弱いもので、ね。

 

背表紙から得るインスピレーション

別に何を探す、という目的があったわけではないのですが、背表紙を眺めながら館内を歩いていると、このタイトルが気になって立ち止まりました。

一流のプロは「感情脳」で決断する ジョン・レーラー著

f:id:yoko_t:20170424082809j:plain

感情脳、というものが何なのか、私にはわかりませんが、自分が疑問に思っていたことが書かれているのかもしれないと思い、借りて読んでみることにしました。

私の悪い癖で、自分に興味のない部分については飛ばし読みをしてしまいましたが。

 

私の「感覚的な決断」を肯定してくれた、ありがたい本

女性は感情的だ、とよく言われます。

その女性の中でも、私はどちらかと言えば感情豊かな部類だと思われていますし、私自身もそう思います。

ビジネスで何らかの決断をする、あるいは選択をする、という場面においても私は自分自身の感覚的なもの、をその根拠とします。他人にその理由を説明しろと詰め寄られるとシドロモドロになります。

また、何かしらのトラブルの発生を「予知」します。時に気持ちが悪いと言われるほど「何か起きる」と感じ、なぜ何か起きると自分が感じているのかを頭の片隅で検索し続け、真夜中にその理由を見つけ、同僚にメールして顰蹙を買ったこともあります。翌朝でもよいのでは?と言われましたが「翌朝には忘れてしまいそう」だったのです。それによってかなりの損害を阻止できたことは確かですが。

以後、メールは送信せず、タスクに入力するようにしました。一応、私も学習するのですよ( ´艸`)

 

また、何かしらの「予知」するというようなこともあります。

私のこの奇妙な「予知エピソード」で気味悪がられた最初の出来事は高校生の時、生徒会役員の後輩がやってきて「お願いがあるんですけど」と言われてつい、「ああ、生徒総会の司会でしょ」となぜか言葉が口から突然飛び出して・・・

彼女が目の前に現れるまでは、自分自身の秋の合唱祭の練習に追われて何も考えていなかったのですが。

後から考えると、生徒総会が開催される時期や、司会を探す立場の彼女の人脈などから考えると、その候補の上位に私がいるであろうと予想することはさほど難しいことではなかったわけですが、何も言ってないのになぜ分かったんですか?と。

 

「その人はやめた方がいい」と共通の知り合いの紹介で年上の男性と付き合い始めた友人にそう言ってしまったのも理由なんて全然わかりませんでした。それこそ言葉が口から突然飛び出して、自分自身でも何を言っているのか分かりませんでした。

どうしてそんなことを言うのか、と友人はかなり腹を立てましたが、その人が妻子持ちだったことが後から分かり、「どうしてやめた方がいいといったの?」と聞かれましたが、思い当たることは特にありませんでした。

友人は少し気味が悪い、と言いましたし、私も実際、自分が不気味でした。

 

職場で「集金が必要」な業務を担当していた時期に、上司が「大丈夫」だと言った相手には「先に集金をします、決まりですから」と強引に事前集金をし、上司が「危ないから先に」と言った相手に「本来は事前集金ですが、ご事情をお察しして事後集金で承ります」と言い、私の集金率はほぼ100%でした。

上司が「なぜ?」と聞いてくるのですが、私には理由がさっぱり分かりませんでした。本当に直感で振り分けが出来ていたのです。別の部門でも集金が必要だったのですが、そちらはかなり外していたので、私の判断には何かしらの法則があったのでしょうが、正直なところ、私はその法則が全く分からず、自分自身を気味悪く思っていました。

そのころにもう少しこの事象に興味を持っていたら、その後の人生も少し違ったかもしれませんが、自分自身でも何かしらのオカルト的なモノの存在のような気がして怖くて深く考えることはしませんでした。

 

理性的で理論的であることが求められる男性社会で、説明のできない理由で「あっち」「こっち」「これ」「あれ」と方針転換しながら「うまくやって」「成果を上げる」女性社員が、いかに男性諸君にとってイヤーな感じなのか、私にもよくわかります。

 

そんな私のもやもやした気持ちを「感情脳」という言葉で表現し、この直感=感情脳が膨大な情報や経験のインプットから学習による「予測」である、と肯定してくれたことに私は心から感謝したい。私は変な「予知能力」みたいなものが備わっているようなバケモノではなかったのだ、ヨカッタ(安堵)

 

私は数ある書籍の中から「私のもやもやした気持ち」を解消してくれる本を「みつけ」「手に取り」「読んだ」のです。私って、えらい!(のか?)

ビジネス本などを購入するときにはパラパラと立ち読みし、自分の「何となくこんな感じ」に近い本を選んで読むわけですから、当然の結果ともいえますけどね。

あらやだ。AIの得意分野と被ってない?

私はとっても女性らしい女性なので、男性とは情報の収集方法やタイミングが違っていることでしょう。見えてないものが見えてますし、彼らが見ているものを見ていないことも多々あります。(互いに補完しあうような関係でありたいものです)

「観察し」「情報を収集し」「必要な条件に当てはめて」「予想する」ということを、私は特に意識せずに常日頃から行う脳の使い方をしているのでしょう、きっと。先入観なく眺めているスタンスをずっと続けています。必要な情報は「質問」して得るようにしているかな、と思います。

ビジネスに必要な質問だけではなく、その人となりを知るための情報収集や、私を知ってもらうための情報開示のための呼び水、会話の発端となるような質問もしていますね、たぶん。上司から見るとそれは「雑談」としか思えないようですが。

それらの記憶は商品選択の理由づけになり、顧客がどのような判断をするのかを予測する根拠となり、結果を予測するための「目的を共有した共感」となり、その部分の脳は営業中にフル回転していると自分でも感じます。

 

それは暗記する脳や記憶する脳とは少し違う領域なのでしょう。もう少し「勉強脳」は鍛えておくべきでした(反省)そっちはいつまでたっても苦手分野であり続けるので、私はそっちをAIに頼りたいと願っています。

 

この本の中では「感情は知的である」とされており、私は狂喜乱舞したい気持ちになりました。

また、自分が感じていることについて「なぜそれを感じているのか」その理由を考えることが大切だと書かれている

それはいつも私が「変だ」と感じた時に自分の脳内で検索キーを押す行為を「肯定」してもらったようで、非常にうれしかった。

そして、この脳内検索作業は、何度も私を救ってくれました。

夫の転勤で離ればなれになりましたが、かつての仕事のパートナー(女性)は、一緒に仕事をするうちに、誰よりも私の「何となく気になる」を信じてくれるようになりました。

私は、この「何となく」が信頼を失う(理解できないと拒絶される・あなたと比較されてはたまらないと嫌われる)パターンの方を数多く経験しているので、信じてもらえるようになったときは本当に嬉しかったですし、夫の転勤で彼女と離ればなれになることは本当につらいことでした。

そして、新しい職場であらゆることに「根拠」と「理由」を求められ、すっかり心身ともに消耗してしまっています。

 

私が無意識のうちに、このちっぽけな脳で行っていることと同じようなこと、「雑多な観察データ」を「相手の嗜好・価値観・家族構成・経済状態など」や「過去の成功事例・失敗事例」により「予測」するということは、先日雑誌で読んでAIが得意とする分野ではないか、と感じたのです。

「感情脳」が感情そのものではなく、収集した情報による予測によるものであるとするならば、AIの得意分野なのではないでしょうか。当然、AIの学習能力に太刀打ちできるとは思えません。

この「状況判断による予測」の結果、複数の提案パターンを提示し、細かい条件などについて解説して顧客の決定を促すようなAIが開発されれば、私の能力など無用の長物になってしまうのではないか、と、嬉しい気持ちから恐ろしい気持ちへとジェットコースターみたいな感情の乱高下を味わってしまいました。

 

2009年の初版本ですが、なんだかこの本を手にしたことは自分の感情脳を肯定するためだけではなく、今後のワークライフへの「警告」のような、そんな気もしてきました。

10年後、私の仕事はどうなるのでしょう。。。。。ね。

 

 

 

毎月19日は「食育の日」

お題「健康」

 やっつけご飯を反省

毎月19日は「食育の日」です。今日、知りました。

日々のやっつけご飯を反省しております、はい。帰りが遅くなるとお惣菜に頼ってしまいますし、帰ってから作ると食べるのが遅くなってしまうので、それはそれで問題があります。

疲れて帰るとついつい、自分におつかれさま「ビール」も増えてしまって。ほんとに反省しなきゃいけませんね。

kotobank.jp

 

食事といえば「健康」が気になるお年頃

未病の状態ではあるけれど、なんとなく不調を感じるアラフィフのワタクシ。

仕事のストレスや慢性的な疲労の蓄積で、身体もココロもオツカレなのでございます。仕事が忙しい→帰りが遅くなる→やっつけご飯が増える→食事の量が増える&質が落ちる・・・悪循環です。

 

腸内環境改善をはじめてみよう

ご飯がおいしい。食事が幸せ。そんな私は食事の量を減らす努力はあまり好きではありません。ダイエットが成功した過去の栄光はありますが、いつの間にかリバウンドしてしまいます。

仕事が忙しく、しっかりと食事を作る時間を確保することが難しい現在の生活スタイルから考えると、無理は新たなストレスを生むだけで、継続は難しいと判断しました。要するにいいわけです( ´艸`)

 

でも、この状況を放置しても良いとは思えません。なぜなら、だんだんと確実に太ってきているからです。増加した体重は1~2キロ程度ですが、下腹のポッコリ感が気になります。このままいくと、血液検査で中性脂肪の指摘が入りそうです。

 

そこで、取り組みやすい食事改善として「腸内環境改善」に取り組むことにしまして、まずは食事のおともにキムチを常備。

乳酸菌の働きで腸内環境改善を期待。白いご飯にのせて食べるのも美味しいですし、豚キムチ炒めも美味しくて大好きです。細かく刻んで小分けにして冷凍し、キムチチャーハンにするのも美味しいです。

www.ntv.co.jp

 

こっそりサプリメントも飲み始めました。

www.calpis-shop.jp

ストレスに効くと言われてつい。効果を期待したいものです。手軽に摂取できるというのはありがたいです。私の場合、朝のバタバタでつい、飲み忘れてしまうことが。

f:id:yoko_t:20170216152345j:plain

サプリメントはいつ飲むのが効果的なのか、ということを調べると、一日の活動を開始する時間帯「朝食後」が良いと書かれているサイトが多かったので、朝ごはんの後に呑むようにしているのですが、この時間帯は本当に忙しいんですよね。

でも今日を機会に、やっぱり「朝食後」に飲む習慣をつけて続けようと決意を新たにしました。ありがとう、食育の日。

最近太ってきたからおやつはセーブしなくちゃと思っているの。

お題「今日のおやつ」

おやつ大好き

小さめのお弁当を食べた後、ちょっとしたおやつを食べるのは「ストレス解消」「小さな幸せ」などなど、言い訳をしながらも、毎日の習慣になっています。ほんと、おやつっていいですよね。

見て楽しくて、食べて幸せ。美味しいコーヒーとともに、幸せなひととき。誰にも邪魔されたくない至福の時間。もちろん、それを誰かと共有するのも大歓迎。

f:id:yoko_t:20170418141046j:plain

今日も、気持ちとしては、おやつはセーブするつもりだったのだけど、誘惑に負けてしまったのです。どういうことかといいますと・・・

火曜日限定 auスマートパス ミスドの電子チケット200円

スマホでこれを見てしまってつい、立ち上がって休憩室からミスドまで一直線。私の職場は大型ショッピングモールの中にあるのです。危険な職場ですよ、いろんな意味で。

 

息子が好きなオールドファッション+抹茶をお土産に買い求め、自分用にも「わらび餅抹茶」「ポン・デプレミアム抹茶」を選び、電子チケット+アップルペイでお会計。

 

クーポンや電子チケットはとても嬉しいけれど、ついつい買い過ぎて食べ過ぎちゃうのが玉にキズですね。

「白玉抹茶」「わらび餅抹茶」も食べましたが、わらび餅抹茶の方がドーナツの柔らかさとマッチして、私の好みでした。

抹茶の風味もしっかり味わえて、受験勉強中?のYouTube中毒の息子にも大好評。

f:id:yoko_t:20170419073327p:plain

 

祇園辻利 抹茶スイーツプレミアム|新商品|ミスタードーナツ

 

おやつはおいしいが、健康診断が怖い。

他人に指摘されるまでもなく、どうやら最近太ってきたらしい。。。

これは、ランチ後のおやつが充実している生活習慣と、花粉症で外出を控えているので運動不足と、ついつい増えてしまう夕食時の美味しいお酒が増加が原因なのは間違いありません。

さらに朝食もおいしいので、ついつい以前より量が増えています。

 

これで痩せるなら病気に違いない。太るのが当たり前という、そんな素敵な食生活。体重も増えているけど、食費も増加中。

 

この調子だと、健康診断に向けてダイエットをしなくちゃ大変なことになりそう。

 

食後のおやつの「幸せ効果」とは

食後のおやつの一番のメリットは「幸せな気分になれる」というものですが、これはどうしてなのでしょうか。

ストレスの多い現代社会では、やる気が出ない、眠れない、食欲がないなど、こころが「カゼ」をひいた状態の人がたくさんいます。運動や友人との会話など生活習慣を改善するのはもちろん、砂糖を摂るのも「こころのカゼ」に大きな効果があります。
  感情を調節する前頭葉では、セロトニンという神経伝達物質が精神を安定させる役割を果たします。セロトニンは、肉・卵・ミルクなどに含まれるトリプトファンというアミノ酸から作られます。トリプトファンが脳内に入るには、あらかじめブドウ糖を必要とします。(上図参照)そのため、肉を食べても糖分を摂らなければ、脳はリラックスできません。食事で肉を食べた後、デザートに消化の速い砂糖を摂るのは、理想的な組み合わせなのです。

「甘いものでほっとする」メカニズムを解明! :: Science@Sugar

 

甘いものを食べると脳から幸せホルモンが分泌されます。これは本当に麻薬のようなもので、私も結局、これの虜になっている、というわけでございます。

 

食後に甘いものを摂取するというのは、脳のリラックスのため(トリプトファンを脳内に取り込むために必要なブドウ糖を摂取する→幸せ気分になれるセロトニンが作られる)には効果的なのですね。

確かに、私の仕事はいろんな意味でストレスがあるので、きっと無意識のうちにリラックス効果を求めているのでしょうね。

同僚のリラックス法は「飲酒」らしいのですが、この仕事を初めて量が増えたと言っていました。(彼女の体重も増加中らしい)

 

仕事のストレスって、罪なものですねぇ。アラフィフとなると「見た目への影響」ももちろん気になりますが、健康への影響の方が気になります。

50年も使ってきた肉体を、大切にメンテナンスして使っていくこともこれからの人生の重要な課題になってくるのでしょう。健康は宝物です。身体もココロも健やかにありたいものです。

ということは、食後のおやつは「脳のリラックスのためには必要なもの」だけれど「体重が増えるほど摂取することは控えた方が良い」と言えるのでしょう。

 

甘いものをやめたら痩せられることは、50年の人生の後半で何度か人体実験の結果で実証されております。甘いものを食べ過ぎると確実に太ることも、情けないことに実証済みでありますが。

 

おやつの食べ方、ちょっと変えてみよう

私の場合、お弁当とお茶。そしてコーヒーとおやつ(2種類くらい)を持参して毎日出社しています。荷物は重たいです。お弁当箱は小さめ。

休憩室のレンジでお弁当を温めて食べ、コーヒーを飲みながらおやつを食べながらipadminiで雑誌を読んだり、動画を観たり。

少ない人数で一人ずつ交代でお昼ご飯を食べるため、同僚とおしゃべりしながら、ということはないのがちょっと寂しい。

 

これを何とか「おやつの量を減らす」「おやつの内容を変える」などで太らないように改善したい。

おやつを食べるとさらに血糖値が上昇してインスリンが放出されて、内臓脂肪がついてしまった→いまココ という状態ですものね。

おやつを食べることでさらに血糖値が上昇し、それを下げるためにインスリンが放出されるから。インスリンには脂肪の合成を高め、分解を抑制する働きがあるので、大量に放出されると内臓脂肪がつきやすくなります。

www.biranger.jp

 

とりあえず。おやつは「ヨーグルト」などへ代替します。小さなクーラーボックスも買いましたし。

本当はコレが欲しかったのですが、たまたま立ち寄った雑貨店でもっと安価なものを発見して購入してしまいました。

小さめの保冷バッグにサラダや果物、ヨーグルトなどを用意して、「太りそうなおやつ」を減らします。夏までに2Kg痩せたい。

 

 

春のスタディスタート

e-ラーニングスタート

職場でもさまざまなe-ラーニングを受講することもあるかと思いますが、わたくし、身銭を切ってのe-ラーニングを始めることにしました。

 

f:id:yoko_t:20170414082847j:plain

最近は便利な世の中で、受講料を振り込みにわざわざ出かけなくても、クレジットカードやネット銀行で決済ができるのはうれしいですね。カードでの支払いなら振込手数料も不要です。なんともありがたい。

 

実は身近にe-ラーニングを「ランニング」というお方がいらっしゃいまして。聞くたびに私の脳が一時停止してしまいます。最近ではこの人はこういう表現をする人、と置き換えて受け取ろうとしますが、ランニングといわれるとつい。。。以後自粛。

 

息子はスタディサプリ

studysapuri.jp

長らく支払いを続けていましたが、さっぱりスタディの様子がないので、一度解約したのですが、息子の申し出により再開。

部活に打ち込むあまり勉強がおろそかになり、成績が目に見えて下降したことでやっと「気付いた」のでしょうか。最近は、2倍速で授業を受けている様子です。

確かに、好きな時間に移動時間もかからず安価な受講料で学ぶことができるのはメリットですが、拘束されない自由がある代わりに進捗の管理が難しいというデメリットがあります。

信じて任せる

子供の自主性を信じ、一個の人格であることを認めて応援するという姿勢が大切であることは頭ではわかっていますが、これを実際に母親として息子に「信じて任せる」立場で接しようとすると、これがいかに難しいか。と実感する毎日です。

アレコレと口を出したくなるし、余計な一言がつい。。。

 

私も何かしら学びを始めよう、と思い立ち。あれこれと調べて「学びなおし」することにしました。

 

大人のスタディは「仕事関係の学びを深める」

【アーティス】金融・証券分野の総合サービス アーティス株式会社

実は、勉強になればと別の会社のe-ラーニング受講でFP継続研修の単位を取ったのですが、そこの内容がかなり残念なもので、e-ラーニングもどうなのかな?という気持ちになっていました。次回のAFP更新に必要な単位は取得済みです。

それでも、学びが必要だという気持ちに変わりはなく、自分で調べたり本を読んだりする方法だけでは過不足が生じることも感じていますし、勉強が足りないと感じることも多いのが実情です。

そこで、体系的に学ぶことができるシステムを探していました。ついでに継続研修の単位が取得できればなおよし。ということで、始めます。今日、初めてログイン予定です。

 

自分が理解していることを、あまりよくわかっていない相手に「わかりやすく説明をすること」はとても難しいことですね。

伝える、ということだけではなく、理解して納得していただく、ということは本当に難しい。でもだからこそ、勉強になるし自分自身のスキルアップにもつながる。

いつから始めても遅くはないけれど、そう思うだけではなく、実行に移して継続していく。これが一番大切。

それを親の背中で息子に感じてほしい、とそう願います。ええ、親バカですとも。息子って、本当にかわいいものですね。

 

私が好きなトップバリュセレクト「岩もずく」

トップバリュセレクト 岩もずく

 

何の気なしに手に取った「もずく」

シャキシャキって、もずくの形容詞としてはあんまりピンとこないけど、とりあえず買ってみようかな、と、そんな軽い気持ちで購入したトップバリュの岩もずくセレクト2個入り178円。

 

f:id:yoko_t:20170413201244j:plain

 

これはうまい。

今まで食べていたもずくとは違うものジャイカと思うようなシャキシャキな食感はちょっと驚きます。

 

思わずリピしてしまうほど、お気に入りです。これはほんとにうまい。おすすめです。

海女さんの手摘みって。。。

一般的にもずくは海草に付着して育つのですが、この岩もずくは海底の岩で育つのだそうです。それを海女さんが手摘みする、というわけですね。よく買い求めるもずくが「ぶよぶよ」みたいに思えてしまうほど、軽快にシャキシャキなのです。

 

もずくも黒酢もきっと体にいいに違いない、と多いながらモグモグするのでありました。ああ、眠い。。。

 

今夜の計画を立てよう。

夜桜を見に行きたい。

というと、夫は15日土曜日の夜に行こう、と言った。なんとか間に合うかな。

夜桜は夫の「一緒に行こう」という提案に乗ることにした。夫婦円満の「秘訣」と言うほどでもないけれど、やはり、思い出の共有 というのは大切なことじゃないかと思う。心がけて時間を共有するようにしたい。今後の人生もずっと一緒に歩んでいくと言う決意はしっかり固まっているわけだからね。

 

目的地は「天ヶ城」を希望。現在、高校3年生の息子をベビーカーに乗せて夜桜を見に行った思い出の公園だから。夫はもちろん覚えている、はず。

今年の宮崎は桜が遅くて、この週末が満開の予想になっています。

miyazaki.daa.jp

 

息子とデートしたい(たぶん無理)

さて。今夜は夫が「歓迎会」で出かけるという。息子とふたりの夜である。(う、うれしい)

来年には大学へ進学し、家から旅立つ予定の息子である。最近は反抗期の峠も越えたようで、おしゃべりしてくれたりするのが、実はすごく嬉しい。

CMでよく見かける有料アプリを使っているのですが、お金を払うばかりであまり利用している様子がなく、親としてはヤキモキしていました。

 

studysapuri.jp

 

「いやー、スタディサプリ、いいね。もっと早くやれば良かった」

 

あー。なんて嬉しいお言葉かしら。と無邪気に喜んでしまったのですが、そんな私を見て夫が一言「結果が出てから喜んだら?」と。

 

いーじゃーないの。と思ったけれども、息子はそう言われても仕方のない”いままで”があるので、「それもそうだね」と言っておいた。

 

 

で、結局何をどうするの?

何も決まらないまま。出勤の時間である。あー。どうしようかな。いろいろと考えを巡らせるのも、また楽し。

本日は何にもしないデー!

本日は何にもしないデー

 

f:id:yoko_t:20170411114820j:image

 

不可能だとは知りつつも。

今日は何にもしないデー。ランチも冷凍パスタ。

昨夜の買い物の時に「美味しそう」と思って買い物かごに入れたモノ。

どこにも出かけないから、昼間からワインも飲んじゃうぞ!休日のワインは最高にうまい。

 

f:id:yoko_t:20170411115033j:image

 ひとりで自宅で過ごして昼寝をして、のんびりして、夕刻にちょっぴり罪悪感など、結局はいつものパターンではありませんか。とほほほほ。