読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフ女のツブヤキ

猫はかぶっていませんが「熊」を被って生きてます。

おやつにグリーンスムージーでひとりごと。

今週のお題「おやつ」

f:id:yoko_t:20170414113820j:plain

今日は休日。ひとりでカップラーメン(トムヤムクン味)を食べ、PCに向かう。そうだ、おやつにしよう。冷蔵庫を開けると数日前に購入したグリーンスムージーを発見。野菜不足だし、これにしよう。ひとり寂しくジュースを飲む。私は今、ものすごく落ち着かない時間を過ごしている。

 

これから告知を受けてきます。

さて。

私は今、ものすごく落ち着かない。いや、少し落ち着いてきたかな。もしかするとスムージーを飲んで落ち着いた気持ちになったような気がしているのかな。

 

夫がとある病気の疑いがあるかもしれない→あるらしい→あるに違いない→やっぱりそうらしい→ドクターからの告知のための面談の約束→いまココ→面談

 

実際のところ、いい天気なのに、カーテンが半分しか開いていなかったり、15時の約束なのに、晩ご飯の用意をする気持ちになれなかったり。そわそわして堪らない。

 

検査内容から、ほぼほぼ病名は察知出来ていて、もちろん最初に紹介状をもらった時には「〇〇の疑い」と言われているので、さほど驚いているわけではないのだけれど。

 

そんな時、おやつって「味がするのかな」と思った。よく何もわからなくなった、とかって聞くでしょ。

 

私は生命保険の募集人で、給付金の支払いのお手伝いもたくさんして来たので、告知を受けた時に「頭が真っ白になった」とか「どうやって帰ったのか覚えていない」とか「病院の駐車場へ行って自分の車を見つけることが出来なかった」とか「休みを取って病院へ行ったのに、会社へ行って皆に驚かれた」なんていう実話をたくさん知っている。

いくら病名の予測がついているとはいっても、実際にドクターから告知をされたら尋常じゃない気持ちになるだろうと思う。

だから、晩ご飯の用意をして出かけた方がいい。そう思うけれど、そんな気持ちになれない。人間というのは弱いものだ。いや、私がだらしないだけ?

 

ちなみにスムージーは普通においしかった。私が患者本人じゃないからかな?

 

実を言うと、夫はわりとのほほんとしている。

病名も「おしゃれじゃん」と言う。

確かに、生活習慣病の果てになる病気としては想定していない病名だ。普通に仕事へ行き、普通に遊びに出かけている。自覚症状に乏しいと言われるがんの中でも、特に自覚症状がない。偶然に発見されなければ、見つからないまま、急性転化で手遅れになることもあると聞く。まあ、最近は健康診断で見つかる人も多いのだけど。

夫も既往症の受診時の採決で数値の異常を指摘され、精密検査となった。

 

疑いを言い渡されて精密検査となって以来、ダイビングやスポーツ観戦でのお出かけが以前に増して多くなった。

買い物も普段なら我慢するような値段のモノも買ったりして、思い切った行動が目立つ。ストレス解消行為、というように私の目には映る。

 

病気の種類から考えて、これから面談で話されることは単なる病名告知ではなく、治療方針や治療目標の設定についてだろうと思う。

持病もあることなので、慎重な投薬管理が必要になることは間違いないので、夫がネットで収集した一般的な治療(投薬にて病気がコントロールできる)というわけにはいかないかもしれない。

 

私はまた冷蔵庫へ行き、プリンを開けた。抹茶味。冷たくてぷるんとして、うまい。

夫は高価な買い物が増えたが、私はお菓子を食べる量が増えた。そして体重も増えた。

分かっているけれど、落ち着かない。

ブログなんか書いている場合じゃない。わかっているけど食べるのをやめられない。

なんと、私はポテチの袋まで開けてしまった。大好きなのりしお味。甘いものを食べたら急に塩気のあるものを食べたくなったのだ。なんだかいつもよりも美味しくない。

味と言うよりも風味が感じられない。香りかな?嗅覚が鈍っているのかも。あっという間に一袋完食。これは太って当然だわ。

 

そしてやたらと病名や薬名でのネット検索がやめられない。

 

本当は、e-ラーニングの期間が終わりそうなので、それをやらないとお金を捨てることになるのだけれど、送金したときは義母が入院するとか夫がまさかの病気になるとか、想像もしていなかったので、勉強しよう!って意気込んでいたのだ。

e-ラーニングのページにアクセスしてもあまりやる気になれない。病気のネット検索の内容は頭に入るのに、ラーニングの画面に表示される文字は理解不能。

 

やっぱり落ち着かないと勉強もできないし、まともな文章も書けそうにない。

 

告知を受けたら、あとは治療をするだけ。私はそのサポートをする。

ここからがタイヘンって、知ってるからなあーーーーー。落ち着けるわけがない。

待合室で食べるチョコレート持っていこう。泣いちゃうかもしれないからハンカチ持っていこう。駐車場の場所、ちゃんと覚えておこう。さぁ!行くぞ。