アラフィフ女の呟きブログ「cafe_6」

不惑を過ぎても、迷い惑い続ける毎日なのでございます。

中年期女性、足元がふらつくんですけど・・・

www.msn.com

慢性的な運動不足であることを否めないワタクシ。

やはり、活力の減少が始まっているのかしらね。と不安になったりもします。

 

高齢者になってからでは遅いかも。中年期からしっかり対策しておけば・・。

 

f:id:yoko_t:20130707164712j:plain

 

更年期障害と私。

health.goo.ne.jp

人にはいろいろタイプがあると思いますが、私は科学的根拠はありませんが、女性ホルモンが潤沢に分泌されていたタイプじゃないかと思います。女性らしい思考、嗜好、そして体つきもどちらかと言えば「女性らしい」特徴が顕著なタイプ。

友人も、通常の2倍は出ているというほど、「女っぽい」タイプであると思います。

 

そんな私も50歳を過ぎて、とうとうその時を迎えたようであります。閉経というターニングポイント。

 

もともとイライラしたりしないタイプなので、精神的な部分では、あまり影響を受けていないような気もするのですが、私が感じているのは以下の通り。
  1. 白髪が増えた
  2. シワが増えて肌が乾燥する
  3. 老眼がさらに進む
  4. 上半身は痩せるのに下半身が太る
  5. ホットフラッシュ
この中で、特に気になるのは「ホットフラッシュ」これが凄い。
私は新陳代謝が悪いタイプで、あまり汗をかかないのだけれど、ホットフラッシュになると、背中を汗が流れ、額にも汗がにじみ、今まで感じたことのないような「体が燃える」感が発生します。
 
婦人科へ相談に行ってみようかと思うけれど、私はシフト制の仕事をしていて休日以外はなかなか病院へ行く時間を作れません。今日もお休みですが、三連休の最終日、病院はお休みの日です。
近いうちに入ってみようと思っていますが、どうなることやら。緊急性がないので、なかなか行動に移せないところがイケませんね。
 

なかなか治らない腱鞘炎

8月の半ばに腱鞘炎になりました。もう1か月ほど経ちますが、まだ痛みがあり、困ったなぁと。一度、整形外科へ行ったのですが、親指の腱が断裂2歩手前くらい、と言われ。
同僚が調べてくれたのですが、「それ、ドペルゲン症候群じゃない?」と。
 
調べてみると・・・どうやらそれっぽい。

 

原因のところには「手指の使い過ぎ」そして「妊娠出産期の女性、更年期の女性」に多いと書かれています。

これも身体の衰えの一種なんでしょうね。

 

記憶力低下に「昨日の日記」

あえての昨日の日記で記憶力強化に努めています。最近本当に物忘れがひどく、記憶力低下を実感しています。

どうして記憶が定着しないのでしょう。

【医師監修】更年期障害の症状(14)物忘れ | ヘルスケア大学

 更年期と女性ホルモンのエストロゲンは、切っても切れない関係にあります。
エストロゲンは女性らしさをつかさどるホルモンですが、これが脳の記憶機能にどのように影響しているかは1976年頃から研究されてきました。そしてその研究から、エストロゲンが物忘れや記憶などの脳機能に深く関わっていることがわかっています。更年期に記憶力が低下し物忘れが激しくなるのは、閉経を迎えることでエストロゲンが急激に低下していることによるものと考えられています。

 エストロゲン!またお前か!!!という感じですね。年齢的なモノは仕方がないので甘んじて受け入れるとして、最後のヒトあがき?として、「昨日の日記」は続けていこうと思います。

書いていると、意外と思い出すために脳が刺激されたり、日記のために覚えておこうという意識が働いたりするようで、始めた当初よりずっと思い出しやすくなりました。

 

小さな努力が、将来の自分を支える力になる、はず。コツコツと続けていこう。